カ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




究極超人あ〜る(きゅうきょくちょうじんあーる)
ゆうきまさみの漫画作品。
ネット上のありとあらゆる場所で不意に出てくる、おっさん世代御用達のネタ元漫画。
この作品自体にも分かりにくいパロディネタが散りばめられている。
ろくごスレでも引用されることが非常に多い作品として知られるため、光画もとい後学のためにも一読しておくことをおすすめする。

なぜこそスレはあーるネタが多いのであろうかと胸に手を当てて考えてみる
それでもわからないので鏡を見るとやっと理解した『ああ、俺もそういう年代だ』

「ろくごまるに堆惚録68 夏を決する大延期」 (>>469)

くノ一忍法帖(くのいちにんぽうちょう)
山田風太郎の同名小説とそれを元にした実写映像作品群。
実写版は荒唐無稽なお色気忍法が乱れ飛ぶ、知る人ぞ知る迷作シリーズでもある。
Vシネ版シリーズ第一作目は水野美紀の出世作。

いかがわしいあれというと忍法帖シリーズかの
「ろくごまるに堆惚録68 夏を決する大延期」 (>>649)


ゴクドーくん漫遊記(ごくどーくんまんゆうき)
中村うさぎのライトノベル。アニメ化されたこともあって知名度はそこそこ。
……と思われたが実際はそうでもなかったのか、スレ内で解説を求められることになる。
以下はその質問に対する返答のレス。

>>188
うむ、むかし戦うパソコンゲーム雑誌「コンプティーク」で、ルーンワースという自由度高めなRPGの攻略記事があってな。
たとえば「このアイテムを誰々のところへ届けてくれ」というクエストがあると、本文のほうではちゃんと届け先に渡すところを、
「バカめ、そのままパクッて売り払ってやるわワハハ」とやってしまう「極道くん」というキャラがいたのじゃよ。
そのイラストを桐嶋たけるが描いておって、それを主人公のキャラ原案にした小説が「ゴクドーくん漫遊記」という訳じゃ。
ちなみにワシは七捨八入するとネタにされた時期のS女史と同年代じゃのう。いやあ若い若い。

「ろくごまるに堆惚録68 夏を決する大延期」 (>>199)