※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※ten最終回ネタバレ注意

 

 

 

 

神戸宅。

ソファーに座っている麻木が、
物を取りに立って行った神戸の背中に話しかけた。

「……神戸、さん」
「なんですか」
「なにか、ありましたか?」
「なにもッ……いえ」
「…………」
「……俺、特命係から離れることになりました」

驚いた表情を見せるふみ子に、極めて冷静を装い神戸は続ける。

「有り体に言えば、異勤、ですね」
「……そうですか」
「……」

無言のまま、荒々しくソファーへ腰掛ける神戸。
隣に座っている麻木は無言のままである。

「ふーっ……」
「……」
「何があったか、聞かないんですか」
「ええ……神戸さんはお仕事のお話はいつもされませんし、そう決まったことなんでしょう」
「そうです、けど」
「……」
「……」
「どんなに理不尽でも、きっと、意味有ることになると思いますよ……あの、的外れでしたら、すみません」

遠慮がちにとつとつと言葉を紡ぐ麻木に対し、
神戸は何かを言いたくなるが、ぐっと耐える。

「神戸さんは、杉下さんの事、尊敬していらっしゃいますか?」
「……そりゃあ、まあ」
「それは、特命係の上司だから、ですか?」
「……」
「離れていても、杉下さんに対して出来ることはあります。離れたからといって、何もできなくなるわけではないですよ」
「新しいところで気苦労もあるでしょうけども。私でよろしければ、お側にいますから」
「……ありがとう、ございます」
「いいえ」

神戸の隣で、彼女は微笑んだ。

 

 

※とりあえず駆け足補完。また書きなおすかも