作品概要

アームストンシティの名物は格闘大会「ナッツクラック」。
それは、ド派手なコスチュームを身に纏う奇抜なファイターたちによる金網デスマッチだ! 

濃ゆいアメリカンプロレスのような、悪趣味かつケレンミに溢れた3D対戦格闘アクションゲームである。
どんな道具で戦ってもいいというルール無用のデスマッチであるため、登場するファイターたちはとても格闘家とは思えないものたちばかり。
ギタリスト・歌舞伎役者・スケボー少年・コスプレ女子高生・熊のぬいぐるみ・ペプシマンなどなど、相当にイロモノ揃いである。
彼らは全員が特徴的なコスチュームを纏っているがこれはゲーム上では「アーマー」と呼ばれており、
これを破壊することでそれ以降のダメージが増大するという独自システムを持っている。いわばクイー○ズ・ブレイ○のご先祖様である

開発に携わったのはバーチャファイターシリーズを作り出したセガAM2研。
リアル路線のバーチャファイターへのアンチテーゼを意識したため、かなりぶっとんだ雰囲気のゲームに仕上がっている。

登場キャラクター

・バン

『ファイティングバイパーズ』における主人公的存在。
「海の向こうの島国の西の町」出身のハイスクールボーイ。関西弁でしゃべる。
故郷では“三代目・仁義衆蛮(ジンギス・バン)”を名乗りバン(番長)を張っていた。
母と自分を捨てた未だ会ったことのない父に一発焼きを入れるため、アームストンシティへと赴く。
義理人情に厚く、いわゆる昭和の少年漫画に出てくるような「番長」をイメージしたキャラである。
流派は空手とあるが、八極拳のような技も存在し、さながら彼の戦法は自己流の“ケンカ殺法”だと言えよう。
好物はラーメンライス。決め台詞は「いてまうぞコラァ!!」

なおキャスティングはPXZオリジナルである。
cv:高橋広樹

その他

  • シリーズ化された作品だがPXZではシリーズ表記で無く、本稿でもそれに則っている。H24.7.30の公式サイト更新でシリーズ表記されました。
  • 公開済みの画面写真でバンがバーチャファイターシリーズのアキラとパイの事を知っているかのような台詞が見られるが、これは「ファイターズメガミックス」での共演を指していると思われる。

シリーズ一覧

  • ゲーム
    • ファイティングバイパーズ (1995 AC/SS/PS2)
    • ファイティングバイパーズ2 (1998 AC/DC)