作品概要

西暦21XX年。世界は人類と「レプリロイド」と呼ばれるきわめて人間に近い心を持つロボットたちが共生し、繁栄していた。
一方で、増加したレプリロイドの中に故障や異常をきたし犯罪に手を染める「イレギュラー」が現れ、問題になり始める。
「イレギュラーハンター」とは、治安維持のためにイレギュラー化したレプリロイドの破壊・処理を行うべく結成された組織である。
主人公「エックス」は、イレギュラーハンターとして同じレプリロイドを破壊することに疑問やためらいを抱きながらも、
平和のため、世界を守るため戦いに身を投じていく。

ファミコンで名を馳せた名作アクションゲーム「ロックマン」シリーズの後継作。初代ロックマンの時代から100年後が舞台となる。
第一作は1993年に発売。プラットフォームをスーパーファミコンに移したことでアクションやビジュアルが初代シリーズから一新された。
主人公の等身や外見の年齢が上がり、裏切り・別れ・愛憎などのドラマ性も強調されている。
任意の順番でステージを選択し、倒したボスの武器を奪えるというシステムを初代から継承、
そこに新たな要素として「パーツ装着による基本能力の向上」「"ダッシュ""壁蹴り"によるアクション性の拡大」などが付加されている。
そのゲーム性のみならず、現在数多く生まれているロックマンシリーズの中で、最も初代との世界観や設定の繋がりが深い点も特徴。

登場キャラクター

・エックス

人間的思考をもつ「レプリロイド」の中でも「悩む」という他にない特殊な機能を備えた、最も人間に近いレプリロイド。
「イレギュラーハンター」の一員として人類とロボットが共存できる平和な世界のために奮闘する。
しかし悩めるが故に、時に判断の遅れや甘さが出て周囲から軽んじられてしまいハンターランクはB級どまり。
が、一部のハンターはエックスの秘められた力やその可能性に気づいている。
デフォルトで装備している「エックスバスター」による射撃と、倒したボスの能力を再現する「特殊武器」で戦う。
X2以降は第17精鋭部隊の隊長の任に就いている。
+ 以下ネタバレ

エックスの声優はたびたび変更されており、今回演じている櫻井氏は3代目(1作目の「波動拳」ボイスを担当した緒方恵美氏をカウントするなら4代目)にあたる。シリーズ異色のRPG作品である「コマンドミッション」で演じて以降は櫻井氏で定着している。
なお、櫻井氏は今作で「第17精鋭部隊隊長時代のエックス」を演じたことで、
「隊員時代(X1)」「隊長時代(X2~X5)」「英雄時代(X6以降&コマンドミッション)」
とXシリーズにおける全てのエックスを演じたことになる。

余談ながらゼロと比べて外部作品へのゲスト出演回数が極端に少なく(そもそもXシリーズ自体が外部出演の機会に恵まれていない)、Xシリーズ以外でPCの1人として彼が使える作品はPXZが初となる。

cv:櫻井孝宏


・ゼロ

エックスの先輩で親友、最大の理解者でもある特A級イレギュラーハンター。
イレギュラーを破壊することに迷いがあるエックスと違い、常に冷静で躊躇なく任務を遂行する。
イレギュラーハンターとなる以前の記憶の大部分が無く、その出自には謎が多い。
「ゼットセイバー」を用いた近接攻撃に、「ラーニング機能」によって敵から習得する様々な剣技でイレギュラーを殲滅していく。
ラーニングは設定としては起動当初から保有していたが、ゲームシステムとして取り込まれたのは主人公の一人となったX4以降となる、
それ以前はゼロバスターとビームサーベルのみで戦っていた。
主人公であるはずのエックス以上に高い人気を誇っており、彼を主人公にしたスピンオフ「ロックマンゼロ」シリーズまでもが製作されている。
+ 以下ネタバレ
エックスと違い、ゼロの声優はXシリーズにおいては「X4」以降一貫して置鮎龍太郎氏が務めている(ゼロシリーズでは風間勇刀氏)。

cv:置鮎龍太郎


・VAVA

ヴァヴァ。かつては第17精鋭部隊に所属し、エックスたちと同僚だった元特A級(A級に降格されたとも言われる)イレギュラーハンター。
高い戦闘能力を誇るが電子頭脳に異常があり、ハンター時代から周囲の被害を省みない荒々しい言動と戦闘行為で揉め事を起こしてばかりいた問題児。
その残虐性から危険視され囚われていたが反乱を契機に解放され、エックスをその手で破壊するため自らイレギュラーとなり蜂起に加わる。
エックスの宿敵とも言える存在で『X1』『X3』『X8』において中ボスを務め、大型兵器「ライドアーマー」を用いた豪快な戦術を得意とする。
PXZでもライドアーマーを駆り敵役として登場。

X1のリメイク版「イレギュラーハンターX」ではまさかのプレイアブル化も果たす。
ダッシュアクションが不可能な代わりに、バルカン・ロケットパンチ・キャノン・カッター・ボム・バーナー etc...
といった多彩な火器が使用可能で、圧倒的火力を持って突き進むというまさにヒールな性能を見せた。
主役として描かれるにあたってキャラクター設定にも深みが増し、「世界を変えるのはこの俺だ」と自身の力を認めさせるために戦っている、と設定された。
そのため自分より弱いにも関わらず何かと特別視されるエックスに強い執着心を持つ。
今作のVAVAは漫画版とこのリメイク版を合わせたような性格になっている。

cv:下崎鉱史

・アイリス

レプリロイドだけで構成された軍隊「レプリフォース」に所属し、オペレーターを務める女性型レプリロイド。レプリフォースの陸軍士官でありゼロの旧友でもある「カーネル」の妹。初登場はX4。ちなみにXシリーズ初の公式女性キャラである。
『X2ソウルイレイザー』時代にオペレーター見習いとしてイレギュラーハンターへ研修に来ていた経歴を持ち、エックスとゼロをサポートした。
『X4』では大型イレギュラーに拉致されたところをゼロに助けられ、以降保護されたハンターベースでゼロのサポートに回ることになる。
平和を愛する優しい心の持ち主で、ゼロの身を案じ、ひそかに好意をよせている。
+ 以下ネタバレ
元々戦闘用レプリロイドではないのでの戦闘能力は皆無。PXZでも戦闘参加はせずイベントシーンのみの登場となる。

cv:水谷優子

その他

今回のシナリオはXシリーズでも話題に上がる事の多いX4が元になっている。
PXZでは連載当時から現在まで根強い人気を誇る岩本版Xことボンボン版ロックマンXの要素(VAVAやエックスの一部の台詞)も一部に盛り込まれている。

+ 隠し技について 各シリーズの隠し要素ネタバレ注意

シリーズ一覧

※ロックマンゼロシリーズおよび関連作品は除外。
  • ゲーム
    • ナンバリングタイトル
      • ロックマンX (1993 SFC/Win/iOS)
      • ロックマンX2 (1994 SFC)
      • ロックマンX3 (1995 SFC/PS/SS/Win)
      • ロックマンX4 (1997 PS/SS/Win)
      • ロックマンX5 (2000 PS/Win)
      • ロックマンX6 (2001 PS)
      • ロックマンX7 (2003 PS2)
      • ロックマンX8 (2005 PS2/Win)
    • 派生作品
      • ロックマンX サイバーミッション (2000 GB)
      • ロックマンX2 ソウルイレイザー(2001 GBC)
      • ロックマンX コマンドミッション(2004 PS2/GC)
      • イレギュラーハンターX (2005 PSP)
    • キャラ出演作品
      • タツノコ VS. CAPCOM アルティメット オールスターズ (2010 Wii)
      • MARVEL VS. CAPCOM3 Fate of Two Worlds (2011 PS3/XB360)
      • ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM3 (2011 PS3/XB360/PSV)
  • 漫画
    • ロックマンX (作:岩本佳浩)
    • ロックマンX2 (作:岩本佳浩)
    • ロックマンX3 (作:岩本佳浩)
    • ロックマンX4 (作:岩本佳浩)
    • イレギュラーハンターロックマンX (作:池原しげと)
    • ロックマンリミックス (作:有賀ヒトシ)