※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キーワード

  • ごめんなさい
  • 民族
  • エンディングノート
  • アナゴグミ
  • ガス漏れ
  • 雪崩
  • 少女剣士
  • きのこ
  • ホワイトアウト
  • リアルファイト
  • ゆず湯
  • 芋たこなんきん
  • 納期
  • 「出欠取りまーす」
  • 思い出し笑い
  • 潅仏会
  • 年末進行
  • 罰ゲーム
  • シャバダバ
  • ファンデーション

作品紹介

「さぁ、罰ゲームを始めよう」
シャバダバとの音楽と共に、ファンデーションを塗ったような
白い顔の男が言い放つ

気が付けば「私」は見知らぬ教室に居た
まるでガス漏れでもした部屋に居るかのように、頭がぼぅとする

「出席を取りまーす」
思い出し笑いでもするかのように、含みのある笑みで、
謎の男が言葉を繋ぐ

「例えるなら、年末進行かな?雪崩のような速さで逃げないと、
あっと言う間にリアルファイトに巻き込まれちゃうよ?」

不気味な笑みに思わず教室を飛び出した「私」
扉を一歩踏み出した瞬間、ホワイトアウトのように視界が白一色に染まる

次の瞬間、「私」は柑橘の香るゆず湯の湖のほとりに居た

湖のほとりに佇む民族衣装を着た少女剣士が、童歌を口ずさんでいる
「芋たこなんきん たことれば…」
歌に聴き入っていた「私」の背後に、いつの間にか謎の男が立っていた

「さぁ、早くアナゴグミを集めないと、納期は潅仏会の日。
君は間に合うかな?この罰ゲームに」
男は微笑みながら、足元のきのこを踏み潰し、
「私」に1冊のエンディングノートを手渡した

ノートの中に書かれていた一文
「ごめんなさい」

「罰ゲーム」とは、何なのか
何故「私」は、罰ゲームをうけるはめになったのか
男は何者なのか
この謎を解き明かし先の真実に、アナタは辿り着けるか?


2014年 ワンダースワンにて発売予定

派生など


この作品への感想等はこちらへ
名前:
コメント: