※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主に屋根の構造をどうするについてを検討しました。

案として大きく3つ出ました。
屋根の検討参照)

1)ブラウンズフィールドの例のような屋根
2)しおじ情報提供の洋風東屋のような屋根
http://www.kyodonet.com/exterior_gazebo.htm
3)アースバック本の例のような屋根

  • 1は構造上強そうだが、造るのは難しそう

  • 2は中央部にかなり荷重がかかりそうなので、金属など頑丈な
ものが必要になりそう。材同士をしっかり固定できれば大丈夫?

  • 中央部に支えのない構造は難しいのでは?
2の場合、×に梁を渡して中央部に支えを立てると良いのでは?

  • 3はアースバックに段差をつけて、梁を平行に渡す構造。
見た目は丸や八角ではないが無難な選択かも?

  • 梁はアースバックに固定するか、ひし形状に枠を造って
そこに固定するか?角材の場合、屋根をどうはるか?

  • 屋根のはり方については、以下の案ができました。
1、2は台形に加工した小さい板をたくさんはる。
3は天辺から軒先までの長い板を梁に対して直角にはる。

ということで結論は、次回持ち越しになりました。
ご不明な点は質問くださいね。

3については、長い板を使うのでコストが高くついちゃうかな?