※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12月2日の作業(ドア枠組み立て)


参加者:なかに、しんちゃん、もり
のぞーるは風邪のため欠席。早く治してね。

【作業内容】

まず、以下を農場へ運搬しました。
  • レンガブロック14個(センターのを頂く)
  • 木枠(長4本、短4本、天板2枚:1枚は予備)
  • スクリュー釘(45mm)
  • 道具(インパクトドライバー、メジャー)

コンクリートブロックの上にレンガ2列7個を並べました。
コンクリートブロック、レンガとも若干安定していない感じはありましたが、ドア枠はアースバックで固定するので、土台の安定性は厳密に問わなくても良いのでは?と判断しました。



ドア枠をL字金具で、一つの金具につき8点(2面×4点)で固定。
材によっては途中から硬くてなかなか釘が入っていかず苦労しました。

バッテリーの減りも心配だったので、ドライバーや金槌の使用も考えましたが使えず。
(センターの道具小屋には良いドライバーがないので、必要な時はドライバーを持参した方が良いかも?)

だんだんインパクトドライバーの打ち込みも速くなり、使ううちにその名前の意味も分かり(「インパクトがあるから」もとい、ねじを回しながらも、衝撃で打ち込んでいくんだね)、暗くなる前に2つのドア枠の組み立てを完了しました。
※アースバックを組んでいる間のドア枠の固定は課題かも?


作業後、ドア枠は保存庫右のブルーシート下へ収納しました。
(今回、天板は固定してません)