※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐倉杏子

風見野からやって来た魔法少女。いつも何かを食べている。周囲の被害を鑑みない利己主義者。神父の娘であり、父の説法を聞いてほしいと願い、魔法少女になる。しかし、魔法少女のからくりが父親にばれ、絶望した父親は、杏子だけを置き去りにして、母と妹と一家心中してしまう。昔は、マミと共に戦っていたが、家族の心中を機に、マミと別れてしまう。中学校に通っておらず、学歴は小卒。現在では、ゆまと共にマミの家に居候している。




容姿

赤色の髪の毛を黒いリボンで結んで、ポニーテールにしている。キバのように尖った犬歯が特徴。普段着はグレーのパーカーにホットパンツという、動きやすい服装。魔法少女姿は、ノースリーブで、前が開けた上着を着ている。武器は槍。




魔法

「幻覚」自分の姿を幾重にも相手に見せて翻弄する。