※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キュゥべぇはまどか、さやか、ほむらの三人と別れた後、巴マミのマンションへと向かった。そこはキュゥべぇが何度も訪れている場所だった。しかし、ワルプルギスの夜撃破後はまどか達と会っていなかったように、マミのマンションへも行っていなかった。


マミのマンションに着いた。そこにはちょうど見滝原中学校から帰宅したマミの姿があった。
「やぁ、久しぶりだね。マミ。」
キュゥべぇはいつもの呑気な口調で話しかけた。
「あら、キュゥべぇ。久しぶりね。」
マミはそう言いながら微笑んだ。さやかやほむらと違って警戒している様子は全く無かった。
「とりあえず上がって。」
マミはキュゥべぇを自宅の中へと招いた。
「ありがとう。お邪魔するよ。」


マミの部屋の中へと入ると、そこには例の三角テーブルでケーキを食べている人影が見えた。
「杏子、久しぶりだね。」
佐倉杏子だった。
「よぉキュゥべぇ、久しぶり。」
杏子にも、警戒している様子は伺えなかった。
「キュゥべぇ、何しに来たんだ?」
杏子がケーキを頬張りながら訊いた。
「これといって用事はないよ。僕は君達の顔を見に来ただけだからね。」
「そう。私達も最近キュゥべぇが姿を見せなかったから心配していたのよ?」
と、マミも話に加わる。
「ありがとう、マミ。もっとも、僕は『心配』という感情が理解出来ないけどね。」
キュゥべぇには感情がないからだ。感情があったなら、人類はまだ裸で洞穴で生活しているらしい。
「もう、キュゥべぇったら。そうだ、キュゥべぇもケーキ食べる?」
「いや、僕はいいよ。グリーフシードだけで充分だ。」
グリーフシードとは、魔女の卵のようなものである。
「それに、織莉子やキリカにもあっておきたいしね。」
美国織莉子、呉キリカは一時は敵対していたが、今では一緒にワルプルギスの夜と戦った仲間である。ちなみに千歳ゆまは今マミの寝室で昼寝している。
「それじゃあ僕は帰らせてもらうよ。」
そう言ってキュゥべぇは織莉子達の元へと行ってしまった。
「さて、あたしたちも魔女狩り行くか!」
ケーキを食べ終わった杏子が行った。
「そうね、美樹さんや暁美さんを待たせたら悪いものね。」
マミと杏子は魔女狩りへと出かけて行った。