現在生じている問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この問題が発覚するまでイベント主催で中心的に動いていたkey氏と
現在この問題の収集に当たっているヒノ氏は同じ主催としてくくられていますが、現在はバラバラに行動しています。
key名義で個人宛てになにかしらのアクションがあった場合、すぐにsror.wedding@gmail.comの方へご連絡下さい。
※現在あかみという方がkey氏の代理人のような形で行動をしていますが、こちらには 一切連絡をしないよう 固くお願い致します。

key氏により公式サイト、メールのパスが無断で変更されたのを受け、
ヒノ氏、鰆氏、吉岡氏により新しく「0603スタッフ連絡ブログ」が立ち上げられています。(5/28)
こちらでkey氏により当初主張されていた「特定記録郵便を出したという事実」はなかったと公表されました。
以降すべての返金対応はヒノ氏が行う ということです。


また現在公式サイトがkey氏による独断で更新されています。(6/1)
メールフォームを部外者であるあかみ氏がチェックしている危険性がありますのでご注意願います。


現在ヒノ氏の預かり知らぬところでkey氏が「空折結婚式主宰一同」などという差出人名で現金書留等で返金しているようですが、
サークル側に返金方法などの希望もとらずに発送し、事後承諾の発送メールを送っています。(5/31)

ヒノ ‏@hino_138love 私の預かり知らぬところでkeyが「空折結婚式主宰一同」という差出人名で現金書留等で返金しているようです。私は書留はすぐ送れる用意はありますがまだ出していませんし、本名で送ります。受け取らないでください!届いた方は sror.wedding@gmail.com に連絡を!
受け取ってしまった方は sror.wedding@gmail.com に連絡して下さい。「空折結婚式主宰一同」の差出人名の郵便物は私が出したものではありません。5/31 22:40

key氏による現金書留は正規の返金方法ではありませんので、
「受け取り拒否」または「受け取り保留」、受け取ってしまった方は開封することなくsror.wedding@gmail.comに連絡を入れてください。
※郵便物等の開封後は、受け取りを拒絶することはできず、
さらに一度開封してしまうと中の金額の不足分の証明が不可能になってしまいます。ご注意ください。

(1)「受け取り拒否」
郵便物等に下記事項を記載したメモ、付せんを貼り付け、配達担当者にお渡しいただくか、郵便窓口にお持ちいただくか、郵便ポストに投函していただければ差出人へ返還します。
 ・「受取拒絶」の文字
 ・受け取りを拒絶した方の印を押印または署名を記載

(2)「受け取り保留」
「差出人が誰か確認できないので、一旦持ち帰ってください」 「不在のハガキをください。こちらから連絡します」
と配達員に言うなどして、不在対応を行なって下さい。
一週間保留(連絡を入れればさらに3日間延長で計10日可能)でき、さらに配達員に頼めば、受取拒否ではなく、保管期間経過で返すようにすることもできます。
どうすればいいか判断しかねているかたはこちらも考慮してみてください。





.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。