※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話


パンッ!!

エドが両手を叩き、自らのの右手を刄に錬成したのだ。そして、一直線に突っ込んで来るワルキューレを簡単に切ってしまった。

「なっ!?」
「誰が…誰が豆で、どチビだあああああ!!!!!」
エドは心の底から叫び、ギーシュのワルキューレをこま切りにした

「ひぃぃぃ」

ギーシュは急いで薔薇を振り、新たなゴーレムを六体呼び出した。全部で七体のゴーレムが、ギーシュの武器だ。七体のゴーレムがエドを襲う…

―所変わって、ここは学院長室―

ミスタ・コルベールは泡を飛ばして、オスマン氏にエドのルーンについて説明していた

「…と、いう訳で、あの使い魔の少年は、始祖ブリミルの使い魔『ガンダールヴ』なのですよ!!」

「ふむ…。確かに、ルーンが同じじゃ…ルーンが同じということは、ただの平民だった少年は、『ガンダールヴ』になったということになるんじゃろうな」

「ですから!いまから…」
コンコン!

ドアがノックされ、ミス・ロングヒルが慌てて入ってきた

「なにごとじゃ?」

「ヴェストリの広場で、ギーシュ・ド・グラモンとミス・ヴァリエールの使い魔が決闘していて、大騒ぎになっています!
教師たちは、『眠りの鐘』の使用許可を求めております」

「アホか。たかが子供のケンカくらいを止めるのに、秘宝を使ってどうするんじゃ!放っておきなさい」

「わかりました」
―ヴェストリの広場―

七体のゴーレムがエドを襲いかかった

パンッ!!

エドは両手を叩き、地面に両手をついた

シュワッ

一瞬光ったかと思うと、エドの前から巨大な、30メイルもある鋼鉄の巨人が現れ、ギーシュのワルキューレ達をなぎ払った。…一瞬のうちに………

「ひぃっ」

ギーシュはしりもちをついて脅えている

「誰が豆で、どチビだぁぁぁぁぁ!!!」

エドが叫ぶと、巨人の拳がギーシュに降り下ろされた
ズシ~ン!!

辺りは、静まりかえった……そんな中、エドの叫び声が響く

「誰が豆だって?誰がどチビだって?」

「ま、まいっ…」

ズシン!

左の拳も振り下ろされた

「誰が…」

「すまない!謝る…いや!訂正する…します。君はチビなんかじゃない…ありません。…だから…だからもうやめてくれ。僕の敗けだよぉ」

「ふんっ!」

エドは巨人を元に戻し、ルイズの部屋へ向かい、歩いてった

「ちょっと!待ちなさいよ!」

ルイズも慌てて後を追う。残されたギーシュはまだ恐怖で震えていた……
「ちょっと、待ちなさいよ!ま、待ちなさい!…エ、エド!待ちなさい」

急にエドはルイズの方を振り向いた。その顔は、少し笑っているようだ

「なっ!?何よ!」

「…やっと、名前で呼んだな。エドって」

「べ、別に、呼びたくて呼んだんじゃないからね!…あんたが…いくら呼んでも止まらないから、し、仕方なくよ!!」

「プッ!はははは」

「何がおかしいのよ!」

「別に…あはは(素直じゃないな。…まぁ、認められたってことか)」

ルイズはエドが急に笑ったことに怒って、顔を膨らませている。ほんのり頬が赤くなっていた

「何か用か?」

「い、今の力は何なのよ」
「?だから…さっきから何回も言ってるだろ?錬金術だよ」

「錬金術?それは何回も聞いたわよ!問題はそこじゃなくて、あんたはメイジなんじゃないの?しかも、土の『スクウェア』クラス」

「??俺はメイジじゃない。錬金術師だ」
「そう…だったら…」

「??だったら?」

「さっさと、部屋の掃除と洗濯、その他雑用しなさいよ!!!」

ルイズは、エドが反論する暇なく一気にまくしたてる
「いい?あんたがこっちに来てから何にもしないもんだから、散らかりっぱなしなのよ!!平民でしょ!私の使い魔なんでしょ!早くやりなさい!!」

「なっ!」

「いいから、やりなさい!い・そ・い・で!!」

「ちょっ…」

「返事!」

「は、はい!」

エドはルイズの迫力に負けて、ルイズの部屋へ走っていった

「まったく!」

ルイズは、なぜこんなに自分が怒っているのか分からなかった。
―次の日から、エドの食事には、パンが一つ増えていた―